代表取締役社長波多野 裕一

ごあいさつ

トータル・エンジニアリング・ソリューションを
ワンストップサービスで提供します。

ハタノシステムは終戦翌年に創立され、発電機によって復興に不可欠である電力を社会に提供するところから事業をスタートさせました。それから70年余りが経過し、電力が安定した今でも、災害や事故などにより停電するリスクはなくなっていません。そのようないつ起こるかわからない、絶対に起きてほしくない瞬間を、皆様が平常時と変わらない安心感で迎えられるよう、私たちは日々技術を磨いています。

今後はSDGsの観点から停電対応だけでなく、バイオマス発電設備や太陽光発電設備などの環境負担の少ない電源を普及させることによって、未利用材や廃棄物などを活用し低炭素社会、持続可能な社会実現の一助となりたいと考えています。また、新興国などでは戦後の日本のように、電力が不安定な国があります。そのような国の人々に私たちの発電設備の技術を伝え、電気を安定的に使えるようにすることで、その国の発展に寄与できるのではないかと考え、海外への技術移転、雇用創出なども視野に入れ経営活動をしています。

電気がなくて困ることのない社会、みんなが発展していける社会の実現に向け、私たちは努力し続けます。

略歴

Yuichi Hatano

青山学院大学経営Ⅱ学部卒業。広告制作会社でのデザイナーを経験後、2009年ハタノシステム入社。入社後はヤンマーエネルギーシステムへの出向、執行役員を経て、2011年取締役、2015年より代表取締役就任。公職では、一般社団法人日本内燃力発電設備協会理事、政策審議委員歴任。趣味はサーフィン

専務取締役波多野 麻美

略歴

Mami Hatano

青山学院大学大学院国際マネジメント研究科修士課程修了(MBA取得)。大手電器メーカーのシステム会社勤務を経て2003年ハタノシステム入社。営業職、管理統括部担当執行役員を経て2015年より取締役就任。公職では、2016年東京都男女平等参画を進める会及び東京都女性活躍推進会議委員。2017年公益社団法人東京青年会議所第68代理事長。趣味は演劇・映画鑑賞、旅行。

取締役高須 英寿

略歴

Hidetoshi Takasu

北海道自動車短期大学(現:北海道科学大学短期大学部自動車工学科)卒業。1982年ハタノシステム入社。重整備・保守・メンテナンスのエンジニア、サービス統括部担当執行役員を経て、2015年より取締役就任。趣味は音楽鑑賞、ドライブ。