願いもしない
一瞬のために、
生きていく。